放射能汚染の正しい情報を得て、放射能汚染対策をきちんとして子供の笑顔と健康を守りましょう!!

2011年08月27日

放射能汚染対策

原発の事故以来、放射能汚染がとても気になりますね。


放射能とは目に見えないものですから、
どういった対策を行えばいいのか難しいものですが、
少しでも放射能の汚染から
自分や家族を守るためには、
放射能汚染対策を行いましょう。


放射能汚染対策として、
外部被爆と内部被曝を防ぐことが重要です。


外部被爆とは
空中や土壌などに飛散した放射性物質によって被曝してしまうことで、
内部被曝とは
食品や水などに付着した放射性物質が
体内に入り込んで身体の中から被曝することです。



放射能汚染対策として、
外部被爆と内部被爆を防ぐことで
放射能の被害を防ぐことができますが、
放射性物質は目にみえませんので、
どこに放射性物質が存在しているのかわかりません。


ガイガーカウンターとよばれる、
放射性物質を測る機械で計測し、
放射線量が高いことがあらかじめ分かっている場合は
放射線量が高いところへ近づかない事が
放射能汚染対策といえますが、
ガイガーカウンターを持たず、
放射線量を計測していない場合は
どこが高いのかわかりませんね。


そして、同じく内部被爆も放射線量を計測し、
放射線量が計測された食品を避けることができますが、
そうでない場合は
知らず知らずに
被曝していたということもありえます。


放射能汚染対策として、
放射線量を計測し、
高い線量が計測されたところへは近づかない、
放射線量が計測された食品は
食べないなどで
放射性物質を
身体の外からはもちろん、
身体の中に取り込まないように気をつけましょう。




posted by 放射能汚染対策ナビ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能汚染対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。